2014年ニキビ対策人気No1 リプロスキン

 

リプロスキン

 

ニキビ痕の凸凹・赤らみ・黒ずみ対策に ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水!

 

Reproskin(リプロスキン)はニキビ痕が気になっている人に オススメするニキビ痕専用導入型柔軟化粧水です。 ゴワゴワになったお肌を 柔らかくして、浸透力を上げてニキビ痕をケアします!! 毎日お喜びのお声を頂戴しています。今度はあなたがこの柔軟性を実感する番です☆☆

 

 

 

2014年ニキビ対策人気No2 ビーグレン

 

ニキビケア(本製品)

 

どんなにを細かく泡立てても、泡は空気のボール(シャボン玉)でしかなく、肌の表面に留まり、毛穴の中まで入ることはありません。ですから、泡洗顔ではニキビの原因となる毛穴の奥に詰まった汚れや古い角質まで取ることはできないのです。

 

この問題を解決するのが、天然クレイ「モンモリロナイト」です。超微粒子(ナノサイズ)のモンモリロナイトは、毛穴の奥まで入り込み、汚れや古い角質を吸着して、毛穴の外に排出する自然の性質をもっています。敏感な肌にもやさしくニキビ洗顔には最適です。

 

 

 

2014年ニキビ対策人気No3 プリモディーネ

 

プリモディーネ

 

水溶性ビタミンC4%+浸透型ビタミンC(APPS)1%+アルブチン1%配合まるで美容液のような化粧水。さらにパラベンやフェノキシエタノールを配合しない防腐剤フリーですのでお肌にも安心。大人ニキビに悩まされている方、メンズニキビに悩まされている方、ニキビ跡が気になる方やシミが気になる方、お肌の明るさを取り戻したい方にもオススメです。

にきびができやすいお肌が困っているという人は大勢いますが、一旦できたにきびの対応は、どういったことがいいのでしょうか。紫外線が皮膚にあたらないようにすることが、まず基本です。紫外線を浴びた肌は、活性酸素を増殖させます。にきびの炎症は、酸化したお肌に過酸化脂質が多くなることと関係しています。

 

にきびの原因となる毛穴の目づまりは、過酸化脂質のようなねばねばした物質がお肌に多くなることも関係しています。紫外線の影響を受けた肌の角質層は、厚くなる傾向があります。角質層が厚いと毛穴の溝も大きくなって、結果的に毛穴が詰まりやすくなります。

 

夏の日差しの強い日に限らず、曇天でも真冬でも紫外線対策はにきびに対して効果がありますので、休まずしっかりケアしてください。正しい方法で洗顔をして、肌に負担をかけずに汚れを落とすことも、にきびケアには大事です。大人になってからにきびをきれいにするために顔を洗う時は、子供用のにきび対策洗顔料は使用を控えるべきです。

 

皮脂分泌の多さより、肌の乾燥や、肌荒れによって大人にきびができるからです。油脂の分泌が少ない人が、熱心に洗顔を行うと、必要な皮脂まで失ってしまいます。そうすると肌はもっと皮脂を分泌しようとします。1日に何度も洗顔をしていると皮脂の分泌が過剰になってしまうことがありますので、1日3回までを洗顔の目安にします。

 

洗顔が済んだら、皮膚が乾かないうちに化粧水でお肌を潤します。にきびができにくい肌になるために、スキンケアでのコンディションを整えましょう。

続きを読む≫ 2014/08/24 01:40:24

成人してからもにきびに悩まされている人は少なくありませんが、にきび対策に有効な食事は何があるでしょう。食物繊維、ビタミン、カルシウムを意識して摂取することが、大人のにきび対策になります。緑黄色野菜や魚貝類、すっぱいフルーツなどを摂取することで、ビタミンを補給できます。

 

食物繊維が多い食材にはりんごやバナナ、海草、イモ類が挙げられます。カルシウムは牛乳、ヨーグルト、大豆などに含まれます。ビタミンは生命維持に必須の栄養素です。皮膚の細胞を強くし、健康状態を強化するものとして、ビタミンAが特に重要です。ビタミンが多い食材としては、卵黄があります。

 

食事に浸かっていきましょう。にきびはストレスで悪化するものなので、神経作用を抑える効果があるカルシウムが役に立ちます。にきびの少ない肌になるために、ストレス対策に有効なカルシウムを多く摂取するというわけです。食物繊維を摂取することで、腸の機能を整え、お通じをよくします。

 

食物繊維を補給することで便秘を改善すれば、全般的にお肌の調子がよくなるでしょう。にきび肌を改善する効果があるという栄養成分は色々なものがあります。お肌のコンディションを整えるためには、様々な食材を利用して体に必要な栄養をバランスよく摂取することです。

続きを読む≫ 2014/06/16 00:26:16

20歳を過ぎてからも、にきびが減らないという人がいます。お肌にできるにきびは、どういった理由が減少しないのでしょう。次々ににきびができて休まる暇もないという人もいますが、にきびができる肌質になっているのが理由だと言われています。未成年の頃にできるにきびは、大人のにきびと理由が違います。

 

大人にきびは、生活習慣の乱れや、偏食、睡眠時間の不足などが理由です。成人してからは、生活のサイクルが一定しない人や、ストレスを常に感じながら仕事をしている人もいます。紫外線に長時間肌がさらされたり、スキンケアが適切でなかったりすることもにきびの理由です。

 

こういった理由でほこりや皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、にきびができてしまうのです。皮脂が分泌されると毛穴が目づまりするのはなぜでしょうか。毛穴の奥にある毛包から、皮脂が分泌されていることが理由です。毛穴を通路にして、皮脂腺から分泌された皮脂が出て来るのが本来の形です。

 

ですが、ストレスや食生活の乱れで肌の状態が悪くなり、古い角質が皮膚に残ったり肌が荒れたことで毛穴がふさがれると、皮脂は顔から外に出せずに毛穴の中に残ります。最初のうちはにきびは白いですが、やがて化膿や炎症を起こすと黒にきびや赤にきびになってしまいます。

 

化膿が進み、腫れると黄色いにきびになります。にきびが原因で炎症を起こすと肌の真皮層が傷つけられ、クレーターになったりします。にきび肌の対策には、スキンケアのほか、体にいい食事や生活リズムを心がけることです。

続きを読む≫ 2014/06/16 00:26:16